2010年04月29日

<口蹄疫>新たに牛4頭感染の疑い 確認7例目に 宮崎(毎日新聞)

 宮崎県都農、川南両町の畜産農家で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)が多発している問題で、農林水産省と県は25日、新たに川南町の畜産農家で、感染した疑いの強い牛4頭が確認されたと発表した。7例目に当たり、県は26日以降、この農家が飼育している和牛725頭を殺処分する。殺処分の頭数は過去最大規模。

【関連ニュース】
口蹄疫:周辺4県影響 競りや催し中止続々 九州
口蹄疫:感染疑いの牛、新たに2頭発見 計14頭に 宮崎
口蹄疫:宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に
口蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
口蹄疫:疑いの強い牛や水牛見つかる 5、6例目…宮崎

沖縄知事「県内反対」の県民大会に出席表明(読売新聞)
普天間問題 「なぜ基地押しつける」 会場に怒りの声次々(毎日新聞)
ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き−日航(時事通信)
普天間決着、実現可能な案はこれしかない!(産経新聞)
「再生医療製品」の迅速な実用化で議論開始―厚労省(医療介護CBニュース)
posted by ヤマガミ ケイイチ at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。